衣笠病院トップページへ
 


KINUGASA
GENERAL HOSPITAL



衣笠病院グループは,全人的な医療・介護・福祉サービスを

 切れ目なく提供することを目指します


                  

病 院 長 就 任 の ご 挨 拶

 

本年4月から新たに病院長に就任いたしました岡村 隆一郎でございます。

日頃から衣笠病院に対し多くのご支援をいただき心より感謝しております。

 

当院は創設以来、地域の方々が安心してご利用いただける病院を目指し職員一同頑張って参りました。

おかげさまで昨年度、創立70周年を無事迎えることができました。これもひとえに衣笠病院を支えてくださった地域の皆様のおかげと感謝しております。

 

これからも衣笠病院が充実した地域医療を継続していくためには近隣の医療機関、介護・福祉施設、行政機関などと良好な連携や信頼関係を維持することが大切であると考えます。

 

2018年度の診療報酬改定で重症度、医療・看護必要度の基準値見直しが行われました。

当院でも現行の病棟運営方針を維持しながら再編に取り組みました。

急性期病棟は1病棟に集約されることになりましたが、これに回復期病棟(地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟)、緩和ケア病棟(ホスピス)を加えた機能をもってこれまでに培ってきた運営経験を生かし、更なる地域貢献に臨む考えであります。

 

本年度も新しいスタッフが入り新体制で地域の皆様にお役に立てるよう各診療科の体制や施設のご案内をさせていただきます。

 

衣笠病院グループは緩和治療を目的とした衣笠ホスピス、訪問診療を中心に活動している衣笠病院附属在宅クリニック、在宅サービスの衣笠ケアセンター・長瀬ケアセンター・葉山町デイサービス、介護福祉施設として特別養護老人ホーム・衣笠ホーム、介護老人保健施設・衣笠ろうけん、久里浜地域包括支援センターまた予防医学を担う健康管理センタ−等、グループ全体で保健・医療・福祉・介護の総合サービスを提供しております。
今後も地域の皆様のお役に立てるようまた信頼される施設として努力してまいります。
 


2018年4月1日

社会福祉法人日本医療伝道会
総合病院 衣笠病院

病院長 岡村 隆一郎