平成28年度 日本医療伝道会 衣笠病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 15 45 71 62 126 195 416 737 820 251
上記年齢別退院患者数は平成28年4月1日から平成29年3月31日までに退院された患者様が集計対象となっております。
当院では全体の66%が70歳以上の患者様となり、比較的ご高齢の患者様が多くを占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 141 24.06 21.25 3.55 85.62
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 21.20 17.95 4.88 85.59
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 27 6.33 5.50 0.00 62.52
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 24 2.29 3.00 0.00 76.17
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 24 14.54 12.43 0.00 80.54
当院内科は一般総合内科として、内科疾患全般の診断・治療を行っております。
全体の中でも、誤嚥性肺炎が多く占めており、高齢者の方が多い傾向にあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 31 4.03 7.89 0.00 69.68
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 24 2.00 4.64 0.00 46.21
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 4.57 7.20 0.00 73.61
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 16 1.06 3.00 0.00 66.13
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 7.53 7.44 6.67 74.47
当院外科は、消化器、乳腺疾患の患者様の入院が多くを占めております。
また、鼠径ヘルニアを治療する患者様が多くを占めますが、短期滞在手術に該当するため、上記集計からは除外をしております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 67 51.22 27.63 0.00 83.85
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 27 7.04 5.49 0.00 63.48
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 12 6.33 5.33 0.00 51.25
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 11 36.27 20.57 9.09 83.36
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 10 19.20 14.19 0.00 66.60
当院整形外科では股関節大腿骨近位骨折の患者様が多い傾向にあります。
また、肩や肘の外傷も専門分野として対応しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2あり 52 2.06 2.46 0.00 76.77
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等24あり 13 1.92 2.49 0.00 75.77
020180xx99x2xx 糖尿病性増殖性網膜症 手術なし 手術・処置等22あり 11 1.91 2.65 0.00 66.91
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 - - 2.91 - -
当院の眼科では上記の疾患の他、白内障の方も多くご入院をされています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 58 9.16 9.37 0.00 58.81
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 57 5.61 5.50 0.00 39.75
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 22 8.00 7.47 0.00 58.36
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 18 8.11 8.12 0.00 17.56
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 18 4.44 5.24 0.00 66.72
当院耳鼻咽喉科では一般的耳鼻咽喉科疾患について診察検査を行っております。
疾患では扁桃周囲膿瘍、 副鼻腔炎、突発性難聴の患者様が多く入院されております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 47 7.34 8.96 0.00 69.98
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 14 7.93 11.97 0.00 67.14
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.78 - -
080250xx99x1xx 褥瘡潰瘍 手術なし 手術・処置等2あり - - 35.46 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし - - 30.11 - -
当院皮膚科では帯状疱疹の方の入院が多くを占めております。帯状疱疹のように
痛みをともなう皮膚疾患には、皮膚科的治療だけでなく、ペインクリニック的な治療・
漢方薬の処方も併用して治療しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 23 7.70 7.44 0.00 76.61
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 23 7.61 5.83 0.00 61.52
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 21 9.67 9.98 0.00 76.38
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 10 5.70 5.33 0.00 76.70
110060xx01x0xx 腎盂・尿管の悪性腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし - - 14.07 - -
当院泌尿器科では尿管ファイバーとレーザーとを用いた尿路結石除去術を行っております。
ただ、結石を割るだけでなく、内視鏡で結石を取り出します。腎臓内の大きな結石に対しても
行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 10 - - 1 7
大腸癌 - - 10 20 43 12 1 7
乳癌 - 18 - - 11 16 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 22 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌患者様の初発・再発別の症例数となります。
初回治療を行った場合を「初発」、初回以外を「再発」としております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 23 15.91 77.35
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎の患者様を重症度別に集計したものになります。
市中肺炎とは、医療機関内以外(日常生活)で発症した肺炎
となります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 18 58.67 82.67 3.03
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞を発症し、ご受診までの日数を「3日以内」「その他」と分けた集計となります。
当院では51%の方が発症より3日以内にご受診されており、平均年齢は79歳となります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 21 1.19 4.19 0.00 75.86
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内のもの)(その他のもの) - - - - -
内科では血管塞栓術や胸水・腹水濾過濃縮再静注法が多く行われております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 18 5.11 7.11 0.00 74.44
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 15 1.73 5.67 0.00 60.47
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 12 9.75 21.25 0.00 71.42
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 10 1.70 2.40 0.00 68.30
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
外科では上記手術の他、鼠径ヘルニアに対する手術も多く実施されております。(鼠径ヘルニア手術 42件/年)
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)等 66 4.62 36.85 0.00 79.77
K0462 骨折観血的手術(前腕)等 30 2.87 11.73 0.00 62.10
K0811 人工骨頭挿入術(肩)等 22 10.18 45.14 0.00 82.86
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 21 0.95 1.29 0.00 53.05
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) - - - - -
当院整形外科では股関節大腿骨近位骨折の患者様が多い傾向にあります。
また、肩や肘の外傷も専門分野として対応しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2422 斜視手術(後転法) - - - - -
K274 前房、虹彩内異物除去術 - - - - -
短期滞在手術の為上記の手術件数には該当しませんが、白内障手術も多く行っております。
(372件/年)
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 17 1.00 4.88 0.00 63.18
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 17 1.59 5.35 0.00 59.76
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)等 13 1.31 6.54 0.00 18.23
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 11 0.82 4.00 0.00 28.73
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 10 1.30 1.90 0.00 67.10
当院耳鼻咽喉科の手術では平均年齢は若干若く、鼓室形成手術や内視鏡下の鼻腔手術が多く行われております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
当院皮膚科では上記の手術が多くなっております。
患者数10未満は-となっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 23 3.13 3.48 0.00 61.52
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 21 2.71 6.10 0.00 76.19
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 20 1.25 5.55 0.00 75.95
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K783 経尿道的尿管狭窄拡張術 - - - - -
当院泌尿器科では尿管ファイバーとレーザーを用いて尿路結石除去を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 14 0.51
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

上記はDIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、手術後の合併症の発症率となっております。
「同一」「異なる」とは入院時にDIC、敗血症等と診断され治療した場合を「同一」、
入院時に別の疾患で入院し、その後DIC,敗血症等と診断され、入院中最も治療を要した場合を「異なる」と区別しております。
合併症を臨床上完全に無くすことは難しいことではありますが、当院では細心の注意を払い治療をしております

更新履歴
2016年9月29日
病院情報の公表ページ作成
2016年9月30日
解説文面を更新 

2017年9月29日 病院情報の公表ページを更新